おいしいスパークリングワインを飲んでいく方法

保存する温度は常に12℃から15℃、湿度は73%前後が好ましい

スパークリングワインをもっと楽しむためのおいしい飲み方保存する温度は常に12℃から15℃、湿度は73%前後が好ましい正しい抜栓の仕方や保管、注ぎ方に気を配らなければなりません

保存する温度としては常に12℃から15℃、湿度は73%前後をキープするのが好ましいです。
保存場所は薄暗い場所で、極力明かりを灯すのも控えましょう。
保管の方法としては、振動が起こらない安定した場所でボトルを横に置き、ラベルをうえに向けることが大切です。
強い臭いのするものと一緒に保存してしまうと、スパークリングワインに臭いが移る可能性があるので気を付けましょう。
また特に注意しなければならないポイントとして、長期間冷蔵庫に入れておくのを控えることが挙げられます。
保存しておく温度が低すぎると、コルクの隙間から酸素が徐々に侵入していき、劣化が早まるおそれがあります。
おいしいスパークワインの飲み方として、温度に気を配ることも大切ですが、栓抜きもスマートに行うことも重要です。
パーティーなどのパフォーマンスの一環として、ワインやシャンパンの開栓を派手にすることがあります。
場をもリアが得るために、コルクを音を立てて飛ばす行為はあまり勧められたものではありません。
コルクを飛ばすことで、周りの人に当たって怪我をさせたり、物にぶつかって壊したりして、とても危険です。
コルクが飛んでいくだけでなく、二酸化炭素によって噴出したワインが飛び散ってしまいます。
そのため不作法ともいえるべき行為はなるべく控え、正しい開け方で抜栓することが大切です。
やり方もコツを覚えておけば簡単にでき、大きな音もなくスマートに開けられます。